Laboタイトル

タイトルイメージ
ナンバー
紫外線、パソコン、テレビ。眼にとって毎日の受難を乗り切るには
忘れていませんか?眼のケア

紫外線が気になる季節になると、多くの女性は熱心に肌のケアをします。その反面、マスコミなどでもあまり取り上げられず、ついおろそかにされがちなのが眼の紫外線対策です。眼は、とくに老化しやすいといわれる器官。ケアに関心を向け、一生付き合っていく眼を健康に保ちたいものです。 紫外線を大量に浴びると、肌に大きな負担がかかることは、よく知られていますが、同時に、美容の大敵として悪名高い"活性酸素"を作り出します。活性酸素は、体内の細胞を酸化させ(サビさせ)る働きがあります。紫外線が眼に入ると、水晶体という眼のレンズをにごらせ、スクリーンの役割をする網膜の脂質を酸化させてしまうのです。その結果、光の焦点を感知する重要な部分に損傷を与えることになります。 パソコンやテレビ、携帯電話から出る、青い光も、紫外線と同じく、眼にとって大きなダメージとなります。眼が疲れたり、よく見えず眼をこらしていると、肩が凝ったり、気持ちまでイライラしてきますね。戸外だけでなく、オフィスでも自宅でも、眼にとって有害な光線があふれているのですから、日ごろからのケアがいかに重要かおわかりいただけると思います。

眼が喜ぶサプリメントとは?

みなさんが真っ先に思いつく、眼によい食べ物といえば、ブルーベリーではないでしょうか。確かに、ブルーベリーに含まれる"アントシアン"は、視界をクリアにします。しかし、眼によいとされる成分や栄養素は、まだまだたくさんあります。吟味した成分を凝縮したサプリメントは、現代社会を乗り切る強い味方。積極的に摂取することをおすすめします。 “ルテイン”は、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれる成分です。人間の体内にも存在し、水晶体や、網膜の黄班部とよばれる重要な部分で、眼のダメージを抑える働きがあります。ただ、紫外線を浴びて消耗したルテインは、体内で生成できません。毎日サラダボウル一杯のホウレンソウを食べることが望ましいとされていますが、これはちょっと難しいですね。サプリメントの力を借りましょう。肌への紫外線対策にも、効果を発揮するといわれています。 ミツバチの唾液酵素と、樹木や花粉などが混ざった"プロポリス"は、抗菌力が強く、古代エジプトでは、ミイラの腐敗防止にも役立てられていました。活性酸素の消去に力を発揮し、細胞や毛細血管を保護してくれます。加えて、末梢血管を拡張する効果があるので、他の成分がよりスムーズに吸収されるのです。 サケ、イクラ、エビの鮮やかな赤の色素“アスタキサンチン”には、強力な抗酸化作用があり、眼の中にある活性酸素の芽をいち早く摘み取ってくれます。血行も改善されますから、疲れ目にも有効です。 眼を酷使している人ほど、サプリメントの効果を実感できます。夕方、眼の疲れがピークになる時間帯でもクリアにものが見えるのは、気持ちのよいものです。品質と量とバランスに優れたサプリメントを選べる、賢い消費者になってください。

Dr.本多 伸吉(理学博士)
Dr.本多 伸吉(理学博士)

東京理科大学薬学部卒業後、東京工業大学大学院博士課程(生命化学専攻)修了
協和発酵工業株式会社入社以来、21年間研究開発に従事。遺伝子工学、化粧品及び医薬部外品の原料開発に携わる。平成14年11月株式会社イムダイン入社。平成20年1月 代表取締役社長に就任。平成16年 東京大学薬学部非常勤講師、現在は成蹊大学理工学部講師を務める。

■イムダイン定期購入

ようこそ

メール
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録

初めての方へ

■イムダイン販売方針

ショッピングカート

合計数量:0

商品金額:0円

カートを見る

メールマガジン

人気商品のご紹介や、キャンペーン情報等お得な最新情報をお届け!

>>登録<<

モバイルサイト

携帯電話のバーコードリーダー機能を使えば、モバイル版のオンラインショップへ簡単にアクセスできます。

QRコード